スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょきちょきちょき

設置して一月半ほどになるリフジウムタンク。
ん~。タカノハズタが伸びてはいるけど、成長が全然遅い。
リュウキュウウスアガモもいまいち。(´・ω・`)

ってことで、メインに生えてたセンナリズタをトリミングして、ドドンと追加したんだけど・・・。
カミサンが 『ナニコレ?鬱陶しい!』 と、トリミングバサミでちょきちょきちょき。

えええええー。
そんなぁぁぁ。(TдT)

サッパリ
TS3C5720.jpg


スッキリ

TS3C5721.jpg

ガックシ・・・。orz
そんな気持ちも知らずに、おいらが餌ポジに立つといつもと変わらず餌クレ編隊を組むサカナ達。
TS3C5722.jpg

はいはい。┐( ̄ヘ ̄)┌
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ヌッキリ

スッキリしすぎですやん笑
ウミブドウそろそろ持ってく?

しかしいいな~~~クレクレダンス。
ウチでもしてくれるかなぁぁ(´・ω・`)

No title

近い種だけど、ウミブドウのほーが見た目いいかなー。
もらっちゃおっかな。
リン酸吸着ってよりワラワラを沸かしたいんだけどね。

そっちのスミレ。あの体型と元気さなら時間の問題かと。(・∀・)

No title

海藻多めにして、ロティファ&PycoPure投入でワラワラは増えるでしょ

で、そのワラワラワールドでもリン酸は勝手に蓄積すると思うデス。
それが結局、海藻の栄養になって…って永久機関ができあがるんじゃないかなって

No title

ロティファは使ったこと無いからわからんけど、
PycoPureはタンクで生き残ったりはしないよーな・・・。

今話題のBPS&ULNSを試したいと思ってるんだけど、
培養槽としてリフジウムは有効かなーと。
ZEOvitの場合、ちょっと違うけどね。

No title

ご愁傷様です><;時間が解決してくれますよ^^。
餌くれ変体いいですねー^^。餌やるのも楽しくなっちゃいますねー。

No title

タカツキヅタとフェザーでよろしければ
鬼のように増殖中ですよ~。いつでも差し上げられます。

そうそう、某有名店2軒にバレット1の事を相談したのですが、
大型ヤッコを入れるとかアホな事しなければ問題ないとの事でした。
それならと、シマやスミレなんかを入れてみよう!と思っているのですが・・・


上の写真見て
「それってさえぱぱさんの所と同じじゃん」
って気付いた秋雨の夜・・・。

なめるよーに見て参考にさせていただきます。

No title

>れいパパさん

ありがとうございます。
リフの海草繁殖スピードといい、
根本1本ですが、突然の白化といい、

なーんか、ウチのタンクってバランス崩してる気がするんですよねー。
ミドリイシの発色はパステルでまずまず気に入ってるんですが、
生物層が薄いと言うか・・・。
むぅーん。ぃゃな予感がする。(ーー;

No title

>イェーガーさん

そうですねー。
200Lベルリンで小型ヤッコ1~2匹、小型ハゼかハナダイ1~2匹
くらいまでならバレット1でいけると思いますよー。
前も書きましたが、スキマーの有り余るパワーは保険って意味で。(^^;
それに、ご縁あってきた機材ってのもいいですもんね。

リフジュームが元気そーなのはワラワラ沸いてそー!
って感じでマジうらやましいです。

うちのタンクは特別なことはしてないので、参考になるかどうか。
おいらなんて、まだまだ初心者ですし。汗

ミドリイシの色揚げとパラケン飼育の両立は、このタンクの目標なんです。

つたない経験からですが、自分メモがわりに少し書いておきます。
#特筆的な内容はないですけど。(^^;

【ミドリイシの色揚げについて】

1:そのミドリイシ個体のDNA
2:ハイパワースキマー等々による徹底的な貧栄養化
3:太くて強い水流(って言うか大きな波)
4:鑑賞と成長のバランスを取った照明
5:BPSなどによるSPSでも捕食できるプランクトン等の炭素元の供給

↑の5番はうちの今後の課題です。
簡単に言えば、炭素元をプランクトンやバクテリアの補食で賄えれば、
褐虫藻が減ってミドリイシ本来の色が表面にでる。って理屈ですかね。


【パラケン(スミレ、シマ)の飼育(餌付け)について】

1:なんと言ってもまず個体
2:サイズに拘るよりもまず太っていること
3:目が良く動き販売水槽の底や壁を突く動作を頻繁にする
4:通販はできるだけ避ける
5:餌付けは隔離ケースにLRっとセンナリ等を入れてそこにスポイドで吹く
6:餌付け時は余り頻繁に餌をやらず、コペを含め多種多様を時間(日にち)を開けて与える
7:ホワイトシュリンプは食べる可能性が高いが避ける

ってところでしょうか。あくまで、つたない経験からですので、間違いがあっても責任は取りません。(^^;

No title

ホワイトシュリンプだめなんですか?

以前シマの餌付けに失敗した事がありまして、
その時はホワイトシュリンプだけは爆食いしていました。
で、他の餌には目もくれなくなり・・・

・・・って事になるからですかね?

No title

>イェーガーさん

ホワイトシュリンプはパラケンだけでなく、タツやヨウジ、ハコフグなどもすぐに食べることが多いです。

これも個人的経験からですが、

1:芯が半解凍だと内臓にダメージを与える可能性がある
2:栄養価が偏りすぎている
3:消化が悪く便秘ぎみになりやすい
4:消化が悪い分、腹持ちが良く、適度な空腹による他の餌を食べるチャンスを奪う

って印象です。
まー、でも餌付け時に痩せてきた場合はよく解凍して少量は与えますけどねー。

No title

残念でしたね;

ワラワラって給餌をする水槽だとかなり効果ありそうですね
この前知人宅をスイハイさせてもらったのですが
魚も結構多くて、ミドリイシも綺麗に維持されてたので秘訣を
お伺いしたところ
「ムシロガイとか沖縄産の二枚貝とかは効果的だと思いますよ」
との事でした。
自分も入れてみようかな~と思う今日この頃です。

No title

>sebaeさん

ほぉほぉ。“〆( ̄  ̄*)
2枚貝による濾過はよく訊きますね。
白点虫を捕食する種類もいるとか。
ムシロガイはその名の通り・・・って効果はもちろん。
残餌は徹底的に処理してくれるそうで、餌やりが多い環境では有効そうですね。
- Counter -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。