スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプ掃除 2009

昨日までの天気と打って変わって今日は午後から雨模様。
カミサンと娘はカミサンの同級生の家に遊びにいったので、今日は日中ヒトリスト。(´・ω・`)
さてナニすっかなぁ~と。ショップはちょい行きたいとこもあったんだけど、雨やし。昨日も行ったし・・・。
しゃーない。今年もあと2ヶ月しかないし、延ばし延ばしにしてたサンプ掃除2009でもやるかー。
※だいたい年イチでやってます。(^^;

まずはインサンプ式のHSA250をサンプから取り出さないと。
高さがギリなんでベケット含め全バラしないとでません。

ふぅ。
TS3C5863.jpg

↑の写真でも解ると思いますが、吸気バルブを昔ポッキーしちゃったんで、
13Aのボールバルブに交換してあります。あとバルブの吸気煙突には
オゾナイザを接続するミニバルブも付けてます。

次にウールボックスを外して、Caリアクタの自作センサーチャンバーをバケツに避難させてと。
↓の写真はこびり付いたカルシウムをガリガリとアクリル板で削ってる途中ですが、
けっこーデトリタスもあってきったないです。汗
TS3C5864.jpg

この後、スキマー、ウールボックス、スノコ、仕切り等々を風呂場でゴシゴシ。
写真はありませんが、ウールボックスにもけっこーカルシウムが付着してて、
削り取るのに一苦労。汗

あとは逆順に元に戻して、新しい海水を40L注入。
TS3C5865.jpg

ここでちょっとうちのサンプをご紹介。ベルリンなので濾材は入ってません。

↑の写真でHSA250の排水管をわざとつぎ足してサンプの1室目に排水していますが、1室目はウールボックスからの落水と スキマーポンプの取水ストレーナがある奥側スキマーの排水を受ける手前側 を(テキトーに作った)自作アクリル隔壁で分けています。スキマー排水部には活性炭ボックスも設置してます。

また、奥側から手前側までスノコは敷いてありますが、隔壁奥側のスノコの上にはゴム板を置いて、スキマーの取水ストレーナはその上に設置してあります。

これらは、スキマーにタンクからの落水を最優先でスキマーに送り込むことと、排水の消泡を狙っています。
それに配水管出口を水没させないことで サンプの水位が変わってもスキマー内部の水位が変わらない 仕様にもなっています。 ちなみに、メインポンプの取水口はスキマー排水の対角となる向かって右奥にあります。



とまー、なんだかんだで3時間!くらい掛かって終了。
2時間以上はサンプとウールボックス、スキマーの付着カルシウム取りでした。汗


ぱっと見あまり変わった気がしませんが、サンプの底や壁はがんばった甲斐あって、
なかなかキレイになりました。
TS3C5866.jpg

ついでに自作フォスバンリアクタのメディア(200g)も詰め替え。
TS3C5867.jpg

スッキリしたけど、なかなかしんどかった。ビールうまー。w
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚
ジャンル : ペット

- Counter -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。